小田諭ブログβ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

捨ててこしゃんしゃん

 クソ暑い・・


 前の記事では「寒い」言ってたのにな。何ヶ月ぶりかよww
 7/14
野良インコ
 !!!!!!?????ぇぇぇぇぇぇぇ!!
 ベランダからピーピー聞こえて,いつもいるスズメにしては違う鳴き声だなー,妙に変だなーと思って見たら,インコじゃねーか。
 もしかして,被災地で飼われてたのが逃がされたか逃げたかして,南へ南へ飛んでくるうちに4ヵ月してここまでたどり着いたのか?
 考えすぎか。


 渋谷区笹塚
ペット
 何のいやがらせだよこれwww


のりP
 ♪ピッピンがピッ




 
スポンサーサイト
【2011/07/14 21:42】 | 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

Mysterons

 あんまりネコいねー。どうしちまったんだこの東京砂漠。
 
 7/17
冷ン?
 「冷ン 始メマシタ」 ???
 前にも記事で扱った「是れはうまい!!」と自ら言い切る,なぜか肉そば専門の立ち食い蕎麦屋。もう16年くらいたまに前を通るけど開いてるの見たことない店。
 いい味だしてる手書きの汚い文字。そして今年は謎の
 「冷ン」
 「冷し」と書きたかったのか「冷しメン」と書きたかったのか,多分その両方が脳内で混ざって「冷ン」になったと推測するが,文字にふちどり塗ってるときも自分で気づかなかったのかいな。
 
 同日
ケセランパサラン
 掃除してたらケセランパサランを見つけたよ。
 見つけるとなにかいいことあるのかな。
 
 
 
 2001年の冬に,HTMLもわからず手探りで楽天の日記からはじまってその時は人がいっぱい来ていたけど,ブログ提供サイトに変えてあちこち引っ越してるうち,今にいたるひと月に1回以上間が空いてたまに書くこのサイト。・・・どうなの?!wwww
 続けていきまっせ。
 
 
【2010/07/20 22:14】 | 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

すかんぴんウォーク

ナニコレ
 家から歩いて30秒くらいのとこの建物がナニコレ珍百景で仏像の顔に見える階段として紹介されてたけどこんなの珍しいかな。こんなのどこでもあるだろ。
 
 とんこつ作って食った。
ぽんこつ


 さいきんおもしろかったマンガ。
 
 後に乗務員に加わるキューチャクはキャラとしていらない気がする。あと主人公級キャラ,ロムが中盤あたりから独裁キャラになってキャラクターとして薄くなるのが残念。紅一ミーザと,オビさんパツキンだけで話を構成してほしかった。
 
 
 犬さんかわいい。怒っても喜んでもおんなじ顔。
 立体くんは三頭身で小学生みたいな見た目だけど,結構変態ww
 一見こども向けっぽいキャラクター揃いだけど内容は青年誌のわかりやすいタイプのシュール。上の宅配マグロより完成度は高いかも。
 両作ともザコキャラが藤子Aとか赤塚っぽかったり場面によって劇画調の絵になったり,シュールなのにほのぼの画だったり,テイストとしては小学館のサイクロン猿橋とかに近いかも。
 でもサイクロンとか長尾謙一郎みたいに半年に一度くらい繰り返し読みかえしたいほど僕に強く影響力をあたえるもんでもない。
 
 
 
 
【2010/06/21 01:50】 | 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

エアロスミス

 錦糸町
ドリンク
 120円入れてこのくしゃっとなったやつのボタン押したら何が出てくるんだろう・・・
 
松ぼっくり
 (松ぼっくり) 今からエビフライを作ります!!!!
 
途中経過
 エビフライ作成経過・・・。この作業をはじめたのを後悔している自分がいる  (トリビアで見た人いるだろうけど,リスが松ぼっくり食ったカスがエビフライに似ているというのを思い出してやってるんです! でも,指で鱗片はがせる硬さじゃないんスよハンパなく。だからペンチで工作 リスの歯マジパネェ!!!!!!!!!!かわいい顔してヤベェ!!!)
 
 
 ・・・結果です
エビフライ?
 うーーーーーーん エビフライっていうか,         ・・・何これ・・・ww    !!!!?
 

目黒川
 4/9,日比谷線が恵比寿を通って日吉・横浜方面へむかって中目黒駅へ地下から屋外に出る一瞬,車窓に目黒川の桜のトンネルが見えたので,用事のついでに寄ってみた。が,近くで見るとすでに葉桜。川面の左右は散った花びらで花いかだ。
花いかだ
 こっちのほうがわかりやすいかな。

サライの空へ
 桃色の米粒じゃないよ。花びら。
 
 
 
砂抜き中
 浅蜊砂抜き中。貝ってよく見るときもちわるい。
 学問的には「海の」なめなめくじくじでんでんむしむしエスカルゴ!! だろ。クリオネやイカも同類らしい。
 ↓
 ↓
 ↓
江ノ島Ⅱ
 とか言いつつ前記事の江ノ島ラーメンしょうゆスープ版としてこのあさりはスタッフにおいしく食べられちゃいました!!!!
 
 

 アホクセ!!!!!!!!
 
 
【2010/04/20 23:19】 | 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

空が高すぎる

3/12 東新宿
地球防衛軍
 戸山公園・早稲田理工方面から新宿御苑でわかれる通りのまんなかあたりのさびれた家屋の合間から見えるあまりにSFでシュールな建築物。位置的に新大久保と歌舞伎町(西武新宿)のあいだあたりに建ってるもの。

きゅうりとわかめの酢の物
 ほらなにかわかんないけど急~にすっぱいものが食べたくなる時あるじゃん。つわり?俺男!!!
 ラーメン鉢一杯のわかめときゅうりの酢の物。その日のうちに食べた。

 先日寝ているときにベッドから落ちた。以前は40cmくらいの高さのベッドだったんだけど大学1年から使っててぼろくなったので変えたらマットレスがやたら分厚いので高さが65cmくらいあって,寝がえりをうって転落すると激しい打身を負う。今日シャワー後鏡で見たらたぶん一週間以上経ったのに左半身に4ヵ所くらいまだあざがあるんだけど,紫色なあざが,黄色くなってた(前記事の駅の階段でころんだ脚のあざとは別)。以前にもおなじような怪我してやっぱりあざが黄色くなったのできもちわるくて調べたら,あざのうっ血したのが次第に快復する過程でうっ血が色素変化するため黄色になるのだと判明。でもどこかにぶつけた記憶もないのに変な色のあざがある場合7日で死につながる病の予兆の場合もあるらしい。こえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!
 てか
海藻ラーメン
 海藻ラーメン。酢の物とおなじラーメン鉢。
 別の日だったか同じ日だったかずいぶん前に撮ったので忘れた。幼少時,大船に母方の祖父母がいてよく江ノ島に行って,サザエやハマグリや海産物食べたんだけどそのメニューの中で都会の中華屋にないので不思議でしかたなかった俗称江ノ島ラーメンを曖昧に再現してみたもの。実物は確かしょうゆだしだけど塩にした。見た目具が多いのと塩スープなので汁がよく見えない。具はいろんな海藻とはまぐり。はまぐりがスーパーに小さいのしか売ってなくてアサリみたいに見えるけどはまぐり。






【2010/03/16 23:07】 | 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

なにも意味がないから

 5/1,荻窪にて発見。
どこでもドア
 意味がわかんね。なんなんだ上のドア。何かの冗談だろうか。
 
 
 4/30発見。
人面コンクリ
 …おわかりいただけるだろうか。岩石に浮かび上がる苦悶の叫びをあげるかのような顔が。
 1階で店舗の工事をしているので,たぶん工事のおっさんが休憩時間かなにかにドリルで顔を彫ってイタズラで置いていったものであろう。
 
 4/27,淡路町の駅を出たすぐのところで発見。
顔のYシャツ
 …だからどういうことだよ。世の中には不可解なことが多い。
 
 不可解といえばデジカメのメモリスティックに,撮った記憶のないネコの画像が。
記憶にございません。
 デジカメつかってない時期がしばらくあったので,忘れてしまったのだろうか。2匹ぶんあって1枚はブレてたので上のはちゃんと写ってたやつ。つーかほんとに記憶がないこれどこ?お前はどこのわかめじゃ。
 
 
 
 
 
★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・・・・--

 今年に入ったばかりのころだと思うんだけど,千歳烏山の書店で音楽雑誌立ち読みしてたらAsobi Seksuというアメリカのバンド(バンド名はセックス遊びという意味)がサードアルバム出すって書いてあって,記事を読んでたらなーーんか記憶の底にこのバンドに覚えがあるような気がして,HMVのHPの試聴(っつっても曲の一部だけ)のやつで2001年に出されたファーストアルバム「Asobi Seksu」の視聴してたら,その中の1曲「Asobi Masho」という曲が確実にどこかで聴いた覚えがあって,ムクムクと記憶がよみがえってきたのであった。
 それが,↓これだ・・・ クリック
 
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1449173
 
 なにかラジオで昔聴いたおぼえがあるのだ。「変な歌謡曲」を特集した企画かなんかやってて,聴取者のお便りでたしかこの「Asobi Masho」がちょっとだけ取りあげられて,パーソナリティーがそれを聴いて「何これ・・・」みたいに一笑にふしてすぐ次の話題にいった記憶がある。2004年の発売なのでそれ以降。
 
 一番新しいサード「Hush」でこのバンドが完全にシューゲイザーに移行したっていうんだけど,実際にはファーストにもシューゲイザーっぽい曲も多くて,でも「Asobi Masho」みたいなのも入ってるからジャンルとしてはファーストはオルタナティヴロックらしい。オルタナって便利な言葉だな。
 
 あとさらにキワモノなのは「Umi De No Jisatsu」という曲。
 このバンド,メインヴォーカルが日本人女性で,日本語の曲と英語の曲が混在してるのだがこの曲は「Asobi Masho」と同じく日本語歌詞曲。その歌詞なんだけど,「また夏が来て朝太陽がでてるみんなで海へ行こう」みたいな冒頭の歌詞が楽しげな曲調にのって歌われて,(もちろんタイトルを知って聴いてるからその後の展開は承知なんだけどw)・・・あららみんなで海に行こうって,バンドのみんなとでもビーチに遊びにでも行くのかしらと思わせといて,続く歌詞が「みんなで海へ行こう海で自殺をしよう」「生きてる意味がもうない昨日も今日も何も変わらない」「なんにも意味がないから海で自殺をしよう」みたいな内容。内容がヤバイのでこれを書いてる現在リイシューだけで日本国内盤をださないのではなかろか。USとUKはある。サードは鳴り物入りでセカンドも国内盤がでてるのに。もちろん英語やその他の言語の洋楽ならもっととんでもないこと歌ってるものもあるけど,これは洋楽とはいえ日本語歌詞だから。

 
 
 
【2009/05/01 22:20】 | 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

sci-fi lullabies

 へテロリズム。
 
 変化するようで変化しないもの。連続性と不連続性。どげんかせんといかんくてもどげんにもならんもの。
 どげんかなってはいけない平均律のゆらぎ。最近やたら長文が多かったので画像
ビン
 最近(つっても数ヶ月前だけど)できた地下鉄副都心線の新宿のあたり。すっかり変わってた。
 
 花屋のわんこ。
花屋のわんこ
 
 住吉駅の連絡ボード。
イジメかっこわるい
 イジメかっこわるい(byゾノ)。
 
 東陽町にて。
ぱんだこぱんだ
 おしみないパンダ。

 マルコフ連鎖。つづく。
【2008/12/13 03:56】 | 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

鳥は死ぬことを知らない

 11月9日,歌舞伎座百二十年吉例顔見世大歌舞伎を見に行く機会があったんだけど,
 ・・・スゲーー後味の悪いもの見ちゃった・・・
 演目は
  1. 寺子屋 (~菅原伝授手習鑑) 
  2. 船弁慶(ふなべんけい)
  3. 八重桐廓噺(やえぎりくるわばなし) 嫗山姥(こもちやまんば)
 寺子屋と船弁慶は人気演目らしいけど嫗山姥はよく知らない。
 何が後味悪いってトリの嫗山姥の突拍子もない話の展開。寺子屋も陰惨な話で,涙を誘う話らしいんだけど時代にてらして考えても,どうしても感情移入できなかった・・・。

 まず「寺子屋」。
 菅原道真(あの天神様ですよ)の家臣の武部源蔵(中村梅玉)が道真の子・菅秀才をかくまって寺子屋の先生に身をやつしてるところへ,それをどっからか聞きつけた道真の敵・藤原時平の遣い春藤玄蕃が来るという知らせが入ったので源蔵夫婦はその日入学してきた小太郎という子供を菅秀才の身代わりにすることにします(エッ)。やがて春藤玄蕃が乗り込んできて菅秀才を出せといって,寺子屋の子供たち全員の首実検をするんだけど,その中に菅秀才がいない(菅秀才は隠してある)。怒った春藤玄蕃は子供の数より机の数が多いことに気づいて源蔵に迫り,窮した源蔵はとうとう裏で小太郎を斬首してその首を春藤玄蕃と実際に首実検をする役目の松王丸(片岡仁左衛門)の前に差し出します。他人の子ですよ!
 現代の感覚ではえ~~そりゃないよ~,と思うんだけど,身代わりにすることを決意するこの芝居の源蔵の名ぜりふ「せまじきものは宮仕えじゃなぁ」という言葉どおり,この時代(平安)には道真様のためなら残酷だけど他の子の命さえ犠牲にすることもやむをえずということなんだろうか。「まじき」は動詞の否定で直訳すると「宮仕えはするものじゃないなぁ」みたいな意味だけど,状況的に「自分が宮仕えの身でさえなければ罪もない子を犠牲にすることもなかったのになぁ」という悲嘆。でも起きてることはどこぞの国のテロリストのやってることと似たような感じでなんかきもちわるいんだけど。
 で,松王丸はこの首こそ菅秀才ということで春藤玄蕃は満足して首を持って帰ります・・・
 おそろしいのはここからですよ。
 なななななんと,首を斬られた小太郎は,実は首実検をする役目だった松王丸の子なんです!!もともと道真様の子を守るために自分の子を身代わりにしようと,当日源蔵の寺子屋へ寺入りさせたっちゅーんですよ。(((( ;゜Д゜)))あががががテリブル。松王丸は道真様への報恩のために,自分の子の生首を見て菅秀才の首に相違ないと一世一代の大ウソをついたわけです。
 そのあとの展開は源蔵夫婦と松王丸の夫婦,菅秀才とその側近そろって小太郎のお弔いです。源蔵が裏から松王丸が持ってきた死に装束を着せた小太郎の首なし遺体(もちろん等身大人形。きもちわる~~)を持ってきて,源蔵の妻はお葬式のお焼香に使う台を持ってきて,みんなで小太郎を弔います。
 この場面が泣き所らしいんです。小太郎は斬首されるとき「にっこり笑うて」死んだと源蔵に聞いて松王丸は,小太郎(道真様のために)よくやったと大泣きするんだけど,小太郎は道真様のためなら本望だから笑うたのか,それともただ子供の無邪気で何かの遊びかと思って笑うたのか,はなはだ疑問だよね。どっちかわからないのが悲しいのかもしれないけど。
 かわいそうなのは小太郎ですよ。そういう時代の話っちゅーことで納得させれば悲しくはあるけど,それ以前にあまりに陰惨だわいな。
 実際に僕の周りの客席にシクシク泣いてるお客さんが結構いたけど,現代っ子にはちっとそこまで感情移入できません。
 2列前に座ってたインド系?の若い外国人の女性が,シクシク泣いてる音がするのを不思議そうにキョロキョロ見回してたけど,こんな陰惨な話で泣いてるっての理解するのが難しかったんじゃなかろうか。
 
 最後の演目「八重桐廓噺(やえぎりくるわばなし) 嫗山姥(こもちやまんば)」。
 ストーリーはわかるんだけど,後半,なんでそーなるのの連続。
 これも平安時代の話。歌舞伎は江戸時代以降の文化だから,「寺子屋」もこれも当時の昔話なんです。
 芝居全体と芝居に出てこない後日談も含め源頼光が裏のキーパーソンになっています。
 父の仇討ちのために侍・坂田蔵人時行(中村梅玉。以降役名は蔵人と略します)が浪人し煙草屋家業に身をやつしてます。お屋敷のお姫様に煙草売りの口上を気に入られて頻繁に出入りしてるんですが,ある日,蔵人が過去に契りをかわした元高級遊郭の遊女で今は文売り(ラブレター代筆業みたいなものらしい)の八重桐(中村時蔵)がお屋敷の前を通りかかります。そのとき蔵人はお姫様にしつこく結婚を迫る清原高藤の遣いをうまいこと追い返したことで調子にのって姫様の前である歌を歌ってるんですが,その歌が実は蔵人が遊女時代の八重桐と2人で作った歌なんです。蔵人がいると気づいた八重桐が売り声を声高に上げると,姫様の腰元が聞きつけて姫様が用があるというので八重桐はうまく屋敷に入り込みます。
 偶然の再会に驚く蔵人。再び結ばれる約束をしたのに仇討ちのためにいつまでも自分のもとから離れていた蔵人を恨んでいる八重桐は,姫様の所望で,いままでの来歴を語るんですが,これは蔵人へのあてつけです。なんか廓で他の女といざこざがあったらしいんですわ。蔵人は結構遊び人なんですな。
 ここから話がおかしくなってきます。
 蔵人と八重桐2人になる場面。蔵人は父の敵討ちをする目的で浪人し,敵討ちが済むまでの約束で八重桐と離縁し,源七と名を変え煙草売りになってるわけだけど,実はうかうかしてる間に,妹の糸萩が先に父の敵討ちをしたんだと八重桐に知らされます。
 するとwww,そこになんと姫様のお屋敷に白菊という変名で腰元として勤めてた,妹の糸萩(片岡孝太郎)が登場!!(兄貴が出入りしてたの知っててなんでいままで黙ってたんだ~?!)不甲斐ない兄をなじるんです。八重桐も参戦。蔵人は追い詰められます。
 ちょっとよく考えてくださいよ。同じ父の仇なんだから,ふつーなら妹よよくやった,お兄様敵は私が討ちました,で,めでたしめでたしになるべきでしょ。それがなんと・・・
 プライドをことごとく傷つけられたんだか,蔵人いきなり切腹!!!ここからもっとおそろしいわけわからん事態が起きます。
 笑っちゃダメですよ。息絶え絶えの蔵人は切った自分の腹から八重桐に臓腑を飲ませるんです。おいおい・・・。
 するとしばらくして死んだ蔵人の遺恨が八重桐の胎内に宿り(なぜか臓腑を飲んで妊娠)八重桐の人格が変貌します。
 ・・・昔の人は思考というのは脳ではなく腹で起きてることだと思ってたふしがあるのでこういうことになるんだろか。例えば「腹黒い」とか「腹では何を考えてるかわからない」とか「腹を割って話そう」とかいう言い回しがあるみたいに。かといって脳みそ吸っても妊娠はしませんよwww。
 するとまた姫様のところに清原高藤の遣いが手勢を連れてやってきて今度は力づくで奪おうとするところを,大力無双の山姥に変貌した八重桐がメッタメタにやっつけます。蔵人の妹・糸萩も加わって,八重桐は姫様は糸萩に任せたとなって糸萩は姫様をかばいながら花道を通ってどこだかに逃げていきます(どこに逃げるんだかw)。
 こういう,女が強くなって悪者をやっつけるってのを江戸時代の人は結構喜んで見てたらしいです。
 で,芝居は終わりなんですが,八重桐の胎内に宿った蔵人の遺恨はその後どうなると思います?蔵人の苗字は坂田ですよね。山姥八重桐はその後,坂田金時を産むんです。坂田金時=金太郎さん。
 「寺子屋」の陰惨といい,この「嫗山姥」のわけわからなさとハラキリといい,終幕して帰るとき西洋人が深刻な顔をして帰り支度をしてました。純粋にあ~おもしろかったねー,って演目のものを見た帰りの雰囲気ではない雰囲気が漂ってた気がしました。
 
 真ん中でやった「船弁慶」は松羽目物(能の演目を歌舞伎に持ってきてやるやつ)。
 話は静御前(尾上菊五郎)と別離した源義経(中村富十郎)ら一行が舟出するが海がにわかに荒れてきて平知盛の怨霊が現れるので武蔵坊弁慶(市川左團次)が必死に祈祷して怨霊を鎮める,という単純なものなのだが,これはストーリーを楽しむものではありません。
 静御前と平知盛の怨霊は同じ役者(尾上菊五郎)が務めます。ここがキモです。
 義経との別れを悲しむ静御前の静かな舞と,後半の平知盛の怨霊の長刀を振り回し暴れまわる激しい舞踏との対照的なのを,同じ役者がやるのが面白いわけです。
 源義経が富十郎。おじいさんじゃん。まあ,座って台詞を言うだけだからいいですけど実は富十郎は5年前まで静御前&平知盛やってたらしいです。70代で知盛の怨霊の激しい踊り普通のじいさんならできねーよ。74歳で33歳年下の奥さんとの間に長女が生まれてワイドショーネタになったくらいだからふつーのじいさんじゃないんだろうな。
 舟長三保太夫は中村芝翫
【2008/11/17 22:58】 | 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

猫まっしぐら

デビルサイン
 丸ノ内線茗荷谷駅の壁アートにコルナが。
 同日偶然に丸ノ内線後楽園駅のベンチに座ってからだ巡茶飲んでたら,ROOOOOCK ON!と書かれたTシャツを着た眼鏡の60ちょぼちょぼくらいのおばはんを見かけたんだけど意味が分かってるんだろうか。憂鬱デス。
 
 1年半ぶりくらいにとおった公園の切り株に,きくらげ?
 前とおったときはこんなんなかった。びっしりこれはきくらげなのか?びっしりきもちわるい。
 泣かないぞェ。
 

 「戦争を知らない子供たちさ」(http://odasatoshi.blog112.fc2.com/blog-entry-35.html)でも触れたBECK(ジェフでも漫画のBECKでもなく,ベック・ハンセン)の新譜なのだが,・・・何か新しいことを試みている!のに不完全燃焼。曲数も何千回リピートして聴いたかわからない前2作(「Guero」「The Information」)の半分,一曲一曲も,謎かけをされて答えを得られないような短さ。2年に一度くらい新譜を出すけどあと1年遅れてもいいからもう少し掘り下げて,練って練って発売してほしかった。ガッカリ
 てゆーか,サダキヨがユースケ・サンタマリアって何かの冗談だろ。ジジババのババァが研ナオコってそれはやっちゃいけないだろ。志村けんのコントじゃないんだから。カツマタ君の人生を決定的にする(ツカマッタ君にする)出来事に関わるババァが志村けんのコントじゃいけないだろ。なぁ!!
 ちなみにヨシツネ役の香川照之の従弟は下の歌舞伎でお初と累(かさね)を演じてた市川亀治郎。
 
 
 9/20,いただき物の券で,新橋演舞場へ新秋九月大歌舞伎・夜の部を見てまいりました。
 演目は「加賀見山旧錦絵(かがみやまこきょうのにしきえ)」と「色彩間苅豆(いろもようちょっとかりまめ)」。

 ちょっとかりまめ・・・ちょっとかりまめってなんかかわいらしいけどしゃれこうべが卒塔婆に乗って流れてくるんですよ。
 
 「加賀見山~」で海老蔵が局岩藤やるってんで,もっとおじさんっぽい顔の立役の人がやったほうがいいんじゃないのかなぁと思ったんだけど,見てみると海老蔵のプライベートのなんとなく冷たい感じのキャラクターの印象もあってか,中老尾上をイジメ抜く意地の悪さはそれなりに表現されてた感じ。
 岩藤とその取り巻きの女中は意地悪さを出すために通常女形をやらない立役がやることになってるんです。で,いろんな言いがかりや罪のなすりつけをされてイジメられる中老尾上とその側近は女形がやって,岩藤と尾上の対比を際立たせるわけ。尾上は中村時蔵。
 でもこの話,岩藤のパワーハラスメント→濡れ衣をはらすために尾上自害→尾上の召使で剣術に巧みなお初が岩藤に仇討ち→尾上の無実が明らかになってメデタシメデタシって,なーーんか歌舞伎でも大衆演劇でも昔の時代劇映画とかでもどこにでもありそうな単純な話なんだよねー。あらすじを知っちゃってるだけに,いちいちの演技・所作にものすごく時間をかけるもんだから,間30分の休憩があったけど3時間見てるのはちとつらかった・・・。もうすこしコンパクトにならんかな。
 
 つづく「色彩間苅豆」は,いわゆる3大怪談話のなかでも一番地味なやつ。怪談ものは僕は今回初めて見た。落語では「真景累ヶ淵」ってのがあるらしいけどそれはよく知らないけどルーツになってる伝説は同じ。
 でもこれは舞踊劇で,怖がらせよう怖がらせようっていう趣旨のもんではない。与右衛門は海老蔵。冷酷な色悪なのでピッタリでは。
 話が大詰めに行くまでの累(かさね)と与右衛門のラブラブな部分(つっても不義密通がバレたんで心中するかしないかって場面なんだけど)の舞踊の美しさとか,それに続く与右衛門の悪事が怪奇な形で露見して累を殺害するいわゆる歌舞伎の「殺し場」といわれる非常に陰惨なんだけど壮絶に美しく演出されたシーンが素晴らしいのであって,あまり怖いものを見たという感覚ではない。
 あらかじめ話の筋を予習して見に行ったから何をやってんのか分かったけど,舞踊劇って話の内容はほとんど清元の浄瑠璃で語られて,人物はほとんどセリフを言わないで踊ってて,浄瑠璃は独特な発声や節回しで何を言ってんだか半分以上わかんない。以前に見た舞踊劇もほとんどそうだった。歌舞伎の中でも舞踊劇はちと苦手。でも今回のは面白かったです。
【2008/09/28 23:00】 | 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |

メポ

 荒川区で発見
キッチン妻
 ナイスネーミングセンス
 
 
メポ
 メポ
 
 (つづく)
【2008/08/26 23:24】 | 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

戦争を知らない子供たちさ

 超×3 超×3 超×4E感じ。
 最近出かけるときはBeckのThe InformationとGueroだけ聴いている。なんでだろ。その前のSea ChangeがぜんぜんダメでOdelayみたいなゴチャゴチャしたのが好きなのだ。近くニュー・アルバムが出るらしいからたのしみだ。3年くらい前はMansunとかPlaceboのアルバムをヘビーローテーションで聴いていたそんなことはどーでもよくて,前回の浅草編で公開をためらったいくつかの画像の中から1つを流出ボーーーン。
ポエム
 雷門の前にある交番の伝言板にセツナなポエムが書かれていた。ところどころ消えかけてて読み取れない部分もあるが前後関係から想像しておおまかな内容はわかる。
 休日だろうが平日だろうが朝から晩まで人が一杯いるあの場所で,しかもポリスステーションの伝言板を真っ白に消してからコイツは1人でこのポエムをしたためたのだろうか。ある意味テリブルでR。コイツに何があったのか・・・想像したらオモロ~。イ㌔。
 
くつろいでる
 江東区役所にて。ハト,ごっつくつろいどるやん。

 帰りに東陽町駅前のマクドを通ったら,しわしわのおばあさんがマクドの制服着て働いてたオモロ。

 
ホネホネロック
 (b・∀・)dセツナ~。タイルで作った「接骨」のカクカクした文字がまさに『骨』ってかんじでナイス。ミスドの隣のパチンコ屋の隣のファミマのお隣。シャッターはいつも閉まったまま。
 
 後楽園の駅の,後楽園遊園地や後楽園球場のある反対の文京シビックホールがあるほうの出口を出たら,路傍にブキミな招き猫が。
キモチワルス1
 体高40cm程度。
 ゴミ捨て場とかそういうのでもないんだよ。
 てゆーか億万って単位はないだろ。億千万の胸騒ぎ。エキゾチッ~~ク・ジャパーーン!!
キモチワルス2
 横の斜めのフェンスのむこうは都営住宅に入る階段になっているんだ。なんでこんな気持ちの悪い招き猫が雨ざらしになってここに存在しているのか。
 誰も特に気に留めることもなく通り過ぎてゆく。なにかが今日はリアルでシュールな。その秘め事。
【2008/06/30 19:01】 | 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

生きても生きても空

 ルンルン気分でGo to the死語の世界!! の巻。
 あげパンカリッカリなワッケ?

 やさぐれ気分で昨日は,
都電荒川線
 都電荒川線の走る街へ。
 都内で路面も走る数少ない電車の1つ。いわゆるチンチン電車ってワケ。マジで気合入れてチンチンチンチン言うワケよ。ベルが。
 
 都電もなかってどこに売ってるのか調べたら,キホン都電のうらぶれた駅のひとつの商店街にある和菓子屋でしか手に入らないでやんの。池袋か日本橋の三越でも気がむいたときだけなら売ってくれるらしい。三越超きまぐれ。
 
 帰りは地下鉄で帰る。
構内放送用スピーカー
 営団地下鉄のホームの構内放送のスピーカーってBOSEなのか。
 
 家の近くのマンションの1階にある小さな失恋レストランの窓に謎の食べ物(?)の名前が。
ハソバーグ

 「ハソバーグ」

 ?・・・ハンバーグじゃなくて?「ン」じゃなくて「ソ」。
 あと,何がどうハワイなワケ?パイナポーとか乗っちゃってるのかいな。
 気合入ってる。
【2008/04/17 22:20】 | 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

ステキな寒シング

 梅は咲いたか桜ももう咲いた。
 桜三月散歩道。
 (画像は2年前?のつかいまわし)
桜

 
 一日一こまネットまんが「きょうの猫村さん」単行本第3巻がヤットデタマン。
 家政婦はねこ。
 前巻が出たのがなんと2年前w。
【2008/03/29 18:52】 | 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

オールスター家族対抗雪がっせん

 2月3日,TOKYOに今年初の積雪。
ゆきだるま
【2008/02/03 13:19】 | 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
次へ

プロフィール

小田諭

Author:小田諭
 

小田諭HP

前ブログ

小田宛メール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

小田ブログβQRコード

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。