小田諭ブログβ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

猫まっしぐら

デビルサイン
 丸ノ内線茗荷谷駅の壁アートにコルナが。
 同日偶然に丸ノ内線後楽園駅のベンチに座ってからだ巡茶飲んでたら,ROOOOOCK ON!と書かれたTシャツを着た眼鏡の60ちょぼちょぼくらいのおばはんを見かけたんだけど意味が分かってるんだろうか。憂鬱デス。
 
 1年半ぶりくらいにとおった公園の切り株に,きくらげ?
 前とおったときはこんなんなかった。びっしりこれはきくらげなのか?びっしりきもちわるい。
 泣かないぞェ。
 

 「戦争を知らない子供たちさ」(http://odasatoshi.blog112.fc2.com/blog-entry-35.html)でも触れたBECK(ジェフでも漫画のBECKでもなく,ベック・ハンセン)の新譜なのだが,・・・何か新しいことを試みている!のに不完全燃焼。曲数も何千回リピートして聴いたかわからない前2作(「Guero」「The Information」)の半分,一曲一曲も,謎かけをされて答えを得られないような短さ。2年に一度くらい新譜を出すけどあと1年遅れてもいいからもう少し掘り下げて,練って練って発売してほしかった。ガッカリ
 てゆーか,サダキヨがユースケ・サンタマリアって何かの冗談だろ。ジジババのババァが研ナオコってそれはやっちゃいけないだろ。志村けんのコントじゃないんだから。カツマタ君の人生を決定的にする(ツカマッタ君にする)出来事に関わるババァが志村けんのコントじゃいけないだろ。なぁ!!
 ちなみにヨシツネ役の香川照之の従弟は下の歌舞伎でお初と累(かさね)を演じてた市川亀治郎。
 
 
 9/20,いただき物の券で,新橋演舞場へ新秋九月大歌舞伎・夜の部を見てまいりました。
 演目は「加賀見山旧錦絵(かがみやまこきょうのにしきえ)」と「色彩間苅豆(いろもようちょっとかりまめ)」。

 ちょっとかりまめ・・・ちょっとかりまめってなんかかわいらしいけどしゃれこうべが卒塔婆に乗って流れてくるんですよ。
 
 「加賀見山~」で海老蔵が局岩藤やるってんで,もっとおじさんっぽい顔の立役の人がやったほうがいいんじゃないのかなぁと思ったんだけど,見てみると海老蔵のプライベートのなんとなく冷たい感じのキャラクターの印象もあってか,中老尾上をイジメ抜く意地の悪さはそれなりに表現されてた感じ。
 岩藤とその取り巻きの女中は意地悪さを出すために通常女形をやらない立役がやることになってるんです。で,いろんな言いがかりや罪のなすりつけをされてイジメられる中老尾上とその側近は女形がやって,岩藤と尾上の対比を際立たせるわけ。尾上は中村時蔵。
 でもこの話,岩藤のパワーハラスメント→濡れ衣をはらすために尾上自害→尾上の召使で剣術に巧みなお初が岩藤に仇討ち→尾上の無実が明らかになってメデタシメデタシって,なーーんか歌舞伎でも大衆演劇でも昔の時代劇映画とかでもどこにでもありそうな単純な話なんだよねー。あらすじを知っちゃってるだけに,いちいちの演技・所作にものすごく時間をかけるもんだから,間30分の休憩があったけど3時間見てるのはちとつらかった・・・。もうすこしコンパクトにならんかな。
 
 つづく「色彩間苅豆」は,いわゆる3大怪談話のなかでも一番地味なやつ。怪談ものは僕は今回初めて見た。落語では「真景累ヶ淵」ってのがあるらしいけどそれはよく知らないけどルーツになってる伝説は同じ。
 でもこれは舞踊劇で,怖がらせよう怖がらせようっていう趣旨のもんではない。与右衛門は海老蔵。冷酷な色悪なのでピッタリでは。
 話が大詰めに行くまでの累(かさね)と与右衛門のラブラブな部分(つっても不義密通がバレたんで心中するかしないかって場面なんだけど)の舞踊の美しさとか,それに続く与右衛門の悪事が怪奇な形で露見して累を殺害するいわゆる歌舞伎の「殺し場」といわれる非常に陰惨なんだけど壮絶に美しく演出されたシーンが素晴らしいのであって,あまり怖いものを見たという感覚ではない。
 あらかじめ話の筋を予習して見に行ったから何をやってんのか分かったけど,舞踊劇って話の内容はほとんど清元の浄瑠璃で語られて,人物はほとんどセリフを言わないで踊ってて,浄瑠璃は独特な発声や節回しで何を言ってんだか半分以上わかんない。以前に見た舞踊劇もほとんどそうだった。歌舞伎の中でも舞踊劇はちと苦手。でも今回のは面白かったです。
スポンサーサイト
【2008/09/28 23:00】 | 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |

プロフィール

小田諭

Author:小田諭
 

小田諭HP

前ブログ

小田宛メール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

小田ブログβQRコード

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。